パチンコをやめるきっかけは目の前に転がっている【いつかはやめれる!】

こんにちはギャンブル(パチンコ)依存症のシュウです。

これからギャンブル(パチンコ)依存症の人がパチンコをやめるためにどうしても必要なものを紹介します。

これをなくして依存症の人がギャンブル(パチンコ)をやめることはできませんし、やめることができたとしてもすぐにまたやってしまいます。

 パチンコを諦める心

ずばりギャンブル(パチンコ)依存症の人がパチンコをやめるために必要なものは諦めの心です。

「これ以上パチンコを打ち続けたら本当にやばいことになる。」

「パチンコで思い通りに勝ち続けることなんて無理なんだ。」

これらのようなパチンコを打ち大負けしたとき感じる悲しい気持ちです。

パチンコを長く打ったことのある人、たくさん負けたことのある人であれば必ず1度は経験したことがあるはずです。

1万円だけと決めて打ち始めたのに、閉店まで打ち続けて10万円使ってしまって落ち込んだり、大勝ちしていたはずなのに全ての玉を使い果たして結局大負けしてしまったりと、パチンコをしても思い通りにいかないと思うことがあるはずです。

パチンコを長く打っている人は必ずこの気持ちを経験していることでしょう。

 それでもパチンコをやめることができない

大負けをして、

「もうパチンコなんてうんざりだ。二度と行くもんか。」

と思うのにも関わらず、次の日に行ってしまうという経験をされている人も多いはずです。

何回もパチンコに対して諦めの心を持ったのにも関わらず、すぐにまたやってしまうという経験があるはずです。

私は先ほど諦めの心が絶対に必要だと言いましたが、なんで諦めの心を持っているはずの人がまたパチンコを打ってしまうのでしょうか?

何回もパチンコに諦めの心を持っては失敗した私が、パチンコをやめることができるようになって導き出した答えはとても単純なものでした。

 諦めの心が足りない

 

パチンコをやめるためには諦めの心が必要ですが、本当にやめるためには本当に諦める心が必要です。

諦めの心を持っていたのにも関わらず、すぐにまたやってしまうというのは、まだまだ諦めきれていないということです。

パチンコを思い通りにコントロールして、パチンコとうまく付き合っていこうという考えが残っているということです。

「少しくらいならやってもだいじょうぶか。」

「色々あったけど今ならパチンコと付き合っていける。」

という考えが湧いてくるようではまだまだ諦めきれていません。

なので、

「パチンコと付き合っていくことはできない。」

「生きていく上でパチンコをやめる以外の選択肢はない。」

「もうパチンコをやってはいけない。」

という事実に心の底から気づいてようやくパチンコを本当の意味でやめることができるのです。

 諦めの心は痛感しないとダメ

私がパチンコをやめるために、たくさんギャンブル(パチンコ)依存症の勉強をしました。

色々な方法を試してきました。

しかし、やめることができず10年が経ち、結局パチンコをやめるための効果のある方法はないと気がつきました。

となれば、自分の考え方を変えていくしかなく、パチンコをすることを諦めるしかないと考えました。

それまでは何とかパチンコとうまく付き合っていくことばかり考えていて、パチンコをしたいときにして、やめるときはやめることができるようになりたいと考えていました。

そのようにできる人もいるかもしれませが、自分にはそれができないんだと認めるしかないと、諦めるしかないと気づきました。

でも、簡単には行きませんでした。

「パチンコと付き合えない人間なんだ。パチンコをしてはいけない人間なんだ。」

と頭ではわかっているのに、何度も同じことを繰り返してしまいました。

そして、ようやくやめることができたときに気づきました。

パチンコへの諦めの心は頭でわかっていてもダメで、実感しないと意味がないということに気がつきました。

 私がパチンコの諦めを痛感した瞬間

何度もパチンコに対して諦めの心を持っては失敗した私でしたが、心の底から諦めることができ、パチンコを本当にやめることができたのは突然の出来事でした。

それはパチンコを打ちつづけたら誰しもが必ず迎える結末ですが、私はようやくその結末を迎えることができました。

それは本当に単純なもので、「パチンコ」を打つお金が完全になくなったという状況でした。

それまでの私といえばパチンコの資金を作るために、色んな人に嘘をついたり、借金を何度も繰り返してきました。

盗みなどの犯罪は犯していないものの、それに近いこともやってきて、本当にパチンコをするための資金作りでできる限りのことはし尽くしてきました。

そんなパチンコをすることに命をかけていた私でしたが、ついにパチンコをする資金を作れなくなりました。

借金は限度額、金を貸してくれる人からは完全に見放され、犯罪を犯す以外に私がパチンコを打つ資金を作り出すことはできなくなりました。

それまでは何とかなっていてパチンコをうつことができていたのですが、本当にパチンコを打つことができなくなりました。

そしてパチンコを打つお金がないのですから、当然ご飯を食べるお金なんてありません。

家賃や水道光熱費も滞納しているので、いつ家を失うかもわかりません。

まさか自分がここまで落ちることはないだろうと思っていた人生のどん底に落ちた感じがして、本当の意味でパチンコを諦めないといけ

ないと言った感覚に包まれました。

 これ以上落ちるはずのないところに落ちてしまえばあとは一瞬

どれだけ長い年数パチンコをやめることができない人でも、やめるチャンスは転がっています。

パチンコを諦める心というのは、パチンコを打ち続けていたら必ず生まれてきます。

ただそのチャンスもタイミングによってはあまり効果をもたらさないものであるかどうかについてはこれまで話したとおりです。

本当の意味でパチンコに諦めの心を持ったときが、パチンコをやめる本当のチャンスになるのです。

そして、そのときはいつ訪れるかわかりません。

長くやめることができなかったのに、ある日突然やめることができる日がくるかもしれないのです。

私もそのときは突然訪れました。

何回もパチンコをやめたいと思ってパチンコに諦めの心を持っては失敗してパチンコを再びやってしまうことを繰り返してきたのに突然やめることができました。

そして、そこから本当に一瞬でパチンコをやめ続ける日を過ごしあっと言う間に3年が経ってしまいました。

本当に落ちるとこまで落ちてしまえばあとは上っていくしかないので、パチンコをやめてからは借金問題や人間関係も順調に回復していきました。

 パチンコは絶対にいつかやめることができる

ここまで長々と話してきましたが、パチンコはいつか必ずやめることができます。

なぜなら、誰しも絶対にパチンコに使う資金が尽きるからです。

ずっと勝ち続ける強運の持ち主なら、それだけパチンコをやめるまでの時間がかかりますが、ほとんどの場合はパチンコでずっと勝ち続けることなんてできません。

それはパチンコ屋やパチンコ遊戯メーカーが絶対に阻止してきますので、あり得ない話です。

なので、パチンコを打ち続けたら絶対にやめないといけなくなる日が来ます。

その日までやめたいのにやめることができずに苦しむかもしれませんが、その日が来たら本当に一瞬です。

それまでのやめることができないという辛さが何だったんだというような気持ちになります。

ただ実際にどうしようもない状況に落ちるのは簡単なことではありません。

どうしようもない状況に落ちたくないから、あがいて何とかパチンコで勝とうとするのですし、どうしようもない状況に落ちるということは中々できません。

しかし、どうしようもない状況になりたくないと思ってもいつかは必ずどん底に落ちてしまいます。

逆に言えばいつかは必ずパチンコをやめることができる日を迎えることができます。

なのでいつかは必ずパチンコをやめることができるという希望を持って、辛いかもしれませんがたくさんジタバタしてください。

そして、間違っても自分の命を絶つようなことはしないでくださいね。

命を絶つまで思い立つときもまたパチンコをやめるタイミングになりますので、命を絶つことができるならば、必ずやパチンコをやめることができるはずなので、せっかくのチャンスを無駄にしないようにしましょう。

そもそも命があるならパチンコをやめることができるのですから。

 チャンスを掴み、より長くパチンコをやめるための極意

本当の意味でパチンコを諦めることができたら、まずパチンコをやめることはできます。

心の底からパチンコをやめないとどうしようもない、パチンコをしてはいけないと思えているのですから、パチンコをしようという気持ちにはならないです。

ただ、そんなパチンコをやめるための大チャンスであっても、そのまま放置していたら必ず失ってしまいます。

真の諦めにより確かにそれまでに経験したことのないような長い期間パチンコをやめることができるかもしれませんが、どれだけ長くやめることができたとしても、完全にパチンコをやめ続けることができるという保証はありません。

それはこれまで何度もパチンコをやめてはやってを繰り返して来た私たちの実績が証明しています。

なので、パチンコをやめるための大チャンスを掴んだとしても慢心せずに、そのチャンスを大事にしないといけません。

そのための方法がGA(ギヤンブラーズアノニマス)に参加するというものです。

GA(ギヤンブラーズアノニマス)はギャンブル依存症の集まりなので、参加するたびに自分がギャンブル依存症だと思い出すことができます。

参加するたびに自分がパチンコを本当に諦めたことを思い出すことができるので、いつまでもパチンコをやめるためのチャンスを掴み続けることができます。

真にパチンコを諦め、GAに参加すればギャンブルをやめ続けることができるのです。

ということでGAに参加することを私はおすすめします。

それではパチンコをやめるために必要なものの話は以上となります。

次はパチンコをやめ続けていくために必要な作業について紹介していきますので、よろしければまた参考にしてください。

【↓パチンコをやめ続けていくための最初の作業↓】

パチンコをやめ続けるために必要な方法を紹介します【きっかけを大切に】

 (補足)※真の諦めがなくてもパチンコをやめる

私は今回の記事でパチンコをやめるためには諦めの心が必要だと話しました。

実際にパチンコで負けまくり行くとこまで行けばやめないわけにはいかないということは間違いありません。

ただ、落ちるとこまで落ちるまでにパチンコをやめることができたらそれに越したことはありません。

誰しもそれを叶えたいと思っているはずです。

実際にそれはとても難しい話ですが、ただ不可能というわけではありません。

現にそれほどの損害を負う前にパチンコをやめることができている人、やめ続けている人はいます。

なので、必ずしも不可能な話ではないのです。

ただそうなるには大きな努力が必要だということを覚えておきましょう。

具体的な方法としては、毎日GA(ギヤンブラーズアノニマス)に参加するというものです。

GA(ギヤンブラーズアノニマス)はせいぜい1日1時間程度ですが、毎日通うというのはとても大変なことです。

でも、それを成し遂げることができた人には実際にやめることができている人がいます。

なので、苦難の道を歩んででも、どんなことをしてでもパチンコをやめたいというのであれば是非お試しください。