【奇跡の大逆転?!】終わりの見えないパチンコの大はまりはおかしい!

こんにちはギャンブル(パチンコ)依存症のシュウです。

パチンコで回らないのも腹が立ちますが、はまり続けるのもたまったもんじゃないですよね?

今回は私がパチンコでハマった経験について紹介したいと思います。

 パチンコを打ち始めた頃はハマることなんて予想していない

パチンコを打つ前からはまることをイメージしている人はいないと思います。

プロの人がどうかはわかりませんが、パチンコ屋に行っている人のほとんどは、すぐに当たることを夢見ていくはずです。

「500円分の玉で大当たりして当たりが止まらない。」

これが理想の姿ですよね?

周りの人から羨ましそうに見られ、はまりまくっている人の台を哀れに見つめ返す。

自分ははまりとは無縁で、至福の時を過ごしていることをイメージしてパチンコ屋に行くはずです。

 パチンコのハマりとその考え方

一体何回転からがハマりになってしまうのか?

人それぞれこの考え方は異なりますが、みなさんは何回転からがはまっていると感じますか?

ちなみに私の中でのハマりは1000回転を超えてからでした。

パチンコを始めた当初は400回転を超えてからだったのですが、徐々にその数字は増えていきました。

私の考えるハマりの基準が大きくなったのは、打つ時間が長くなり、様々な回転数での大当たりを経験したからです。

始めたころは何の知識もなく、一定以上の回転数の台を選ばないようにしていました。

例えば、1/199の台であれば大当たりしてから200回転以上の台。

そして、1/99の台であれば大当たりしてから100回転以上の台といった具合で、自分の中で上限を決めていました。

もちろん何の根拠もありません。

ただ何となく確率分母以上の台は選ばないようにしていただけです。

しかし、パチンコ屋に毎日通っていると、私の求める条件に合わない台しか空いていないということもあります。

人気店なんかであれば客が多すぎて自分の思う立ち回りができないなんてことは珍しくありません。

「1/199の台が空いてるけど、500回転もしているなぁ、、、でも、他にないし仕方ないか。」

自分のルールに反して渋々と打ち始めるのですが、不思議なことにそんなときに限って大勝ちしてしました。

すると、

「500回転の台でも爆発するんだ。」

こういう積み重ねで、600回転、700回転と増えていきました。

そして、1000回転まで回したときに、周りの目が気になりだしました。

「あいつらは俺をバカにしたような目を向けてくる。どうせ当たらないと思ってるんだろう?」

そう思い、1000回転まで打ったらやめようという気持ちになりました。

しかし、しばらく後のことですが、1000回転まで回した時のことです。

「全く回らないし、1000回転まで回しているからさすがこの台で当てられることはないだろう。」

そう思い、その日は帰宅しました。

しかし、次の日に私は衝撃を受けました。

私がやめた直後に誰かが、良い思いをしていたのです。

そのときの回転数はうろ覚えですが、1230回転でした。

そして20連チャンしたようでした。

その時から私にとってのはまりは1000を超え、上限がなくなりました。

当たるまでいくら回しても構わないというものになったのです。

 大はまりからの大逆転(はない)あるある話

みなさんは大きなはまりから大逆転したことはありますか?

私は全くありません。

人が990回転まで回した台を1回転で当てて爆発させたことはありますが、自分で990回転まで回して大逆転したことはありません。

その時は結局0回転から1500回転まで回し続けた挙句、単発大当たりで終わり絶望しました。

みなさんも大きなはまりをすると、引くに引けなくなりませんか?

私は大はまりした時に毎回思っていたのが、

「せめて1回でもいいから当たってくれでした。」

でも、実際に1回だけの大当たりだととてももへこみます。

「これだけかよ。」

とこぶしを握って涙が出そうになったことは何度もあります。

大きなハマりからの大逆転を夢見て打ち続け、最後は絶望の底におちていきました。

 そもそもアテになんかならないパチンコの確率論

はまりについては、たくさんの情報があります。

数式を載せて、

「○○回転で当たる確率は〇%です。最低でも何万円必要ですね。」

というものもあります。

しかし、これらを証明することはできるのでしょうか?

確かに、

「300回転から400回転が一番演出がアツくなり、、、」

といったオカルトチックな話に比べれば、数式を載せているものはまだ信用性があります。

しかし、実際に証明できるデータというものがありません。

「パチンコ何十万回まわしてみた。」

なんていう動画も見たことありませんよね。

そして、純粋な確率論でいけば正しいのかもしれませんが、パチンコにはそれを当てはめるのが難しいです。

そもそも表記されている台の確率と実際の確率が本当に一致しているのか怪しいところです。

検定を通れば釘をやりたい放題と同様に、パチンコのスペック確率も変えられている可能性があります。

 確率論に期待してはいけない

「確率の収束に向けてとにかく回る台を探そう。」

とか、

「2000もはまるとは運がありませんでしたね。しかし!」

という話は、確率論を純粋に当てはめることができる場合に使える言葉です。

しかし、目の前でサイコロを振ってもらうのと異なり、パチンコは裏や中で何が行われているかわかりません。

A店:クリーンな店で一切の不正を行っていない

B店:確率の操作を行っている

A店、B店ともに同じ確率のパチンコをそれぞれ打った場合、打った本人がそれぞれの回転数、大当たり数を記録し、期待値を出すとします。

しかし、実際は不正をしているB店のカウントは無効です。

せっせとデータを取っている本人の努力と裏腹に、確率はどんどんずれていきます。

確実にパチンコ店もパチンコ台もクリーンであることが証明されない限り、確率論を当てはめることはできないのです。

プロの人であれば、何か確率論をあてはめる方法をしているのかもしれません。

しかし、そんな方法が全く思いつかないのであれば、安易に確率論を信じてパチンコを打つのはやめましょう。

 パチンコのハマり地獄から脱出する方法は他にない

何の根拠もないのにただ打ち続けるのはやめましょう。

毎回大はまりからの大逆転を経験しているのであれば止めはしません。

しかし、

「ちゃんと確率の根拠があるから。」

ということでしたらすぐにでもやめるべきです。

それはパチンコ屋がちゃんと確率の根拠を当てはめることのできる環境とは限らないからです。

はまり続ける苦痛というのは私はとてもよく知っています。

パチンコをやめることとなる直前は、

「1000回転以上回して単発」

を1週間繰り返しましたので。

そして、苦痛から更なる絶望に落ちる感覚も知っています。

最後の500円を使い切った後に帰ろうとすると、他の客が私がはまり続けた台を一瞬でにぎやかにしてしました。

絶望というか憤怒というかですが。

もしはまりからの大逆転を夢見ているのならやめましょう。

全くの根拠がありませんので。

そして、確率論を信じてはまりを容認することもやめましょう。

確率論は正しくても、確率論が機能できる環境ではありませんので。

何よりもパチンコをやめましょう。

お金も時間も体力も精神力も、全てがもったいないので。