パチンコで負けすぎてイライラする!負けたときにとってしまう行動

こんにちはギャンブル(パチンコ)依存症のシュウです。

パチンコで負けたときってイライラしますよね?

台パンっていう言葉があるくらい、みんなイライラしています。

私がパチンコでイライラした時は、ハンドルを思いっきり握っていました。

何度腱鞘炎になったかわからないくらいです。

今回はそんなふうにパチンコでイライラした時についついとってしまう行動について見て行きましょう。

 パチンコで負けた時の憂さ晴らし

台を殴る行為(台パン)の他に、パチンコのハンドルを思いっきり捩じって壊そうとする行為が比較的に多いと思います。

人によってはすっごい露骨にこれらの行為に及ぶ人がいますよね。

台が壊れるんじゃないかというくらいの威力の右ストレート、台を掴んで前後に揺らす行為。

顔を真っ赤にしながら怒りが伝わってきますね。

また、パチンコ屋への仕返しで、トイレへにいたずらする人も多いですよね。

床に直接お供え物をしたり、トイレをスロットのメダルやパチンコ玉、トイレットペーパーで詰まらせたりしている人は結構多いですよね。

お供え物については、単純におじいさんなんかが発射場所を誤った可能性がありますが、便器へのメダル投入なんかは間違いなく意図的でしょう。

詰まるくらいの量なら換金したらそこそこの額になるはずなのに、もったいないですね。

他にもパチンコ屋へ何度もいたずら電話をかけたり、ネットでパチンコ屋の誹謗中傷を掲載したり様々な方法があります。

私はビビりなんで露骨な真似はしませんでしたが、頭の中では常に暴力的な妄想をしていました。

危険なので妄想の内容は控えさせてもらいますが、パチンコのイライラは普段できないような妄想を実現させました。

 パチンコの負の感情を切り替える方法

てっとり早くストレス発散ができると考えられている方法はおそらく飲酒と喫煙です。

飲み屋に行くと、パチンコの話で盛り上がっている人を見かけたことがあるはずです。

実際はストレス発散に全くならないのですが、嫌なことを忘れさせてくれるので、気持ちが切り替えられるような気になります。

私もパチンコで負けたときはとにかく酒を飲みました。

負けたストレスを忘れ去ろうと必死になっていたことは今でも覚えています。

次の日に二日酔いで苦しむほど飲んでいたため、それはそれでとても辛かったです。

また、パチンコの大当たり動画集を見て気持ちを切り替えようとしたこともあります。

この演出が来れば大当たりが来るんだなという気持ちになり、さぞ自分が大当たりしているような気分になります。

自分がこれまでに感じた大勝ちの快楽を思い出して、明日はきっと勝てるはずだと思えるようになったこともありました。

 パチンコのイライラは危険

パチンコで負けるイライラにはすごい破壊力があります。

人を殴るということはあまりないかもしれませんが、台を殴ることも器物損壊という立派な犯罪行為になります。

また、お供え物を便器以外の場所にすることも軽犯罪法違反の犯罪です。

さらに、大量の飲酒や喫煙をさせる自己破壊は単純に年をとってから後悔する行為です。

その時はいいかもしれませんが、しわ寄せは後で必ず来ます。

このようにパチンコでのイライラは、通常起こりうるイライラとはどこか異質なものです。

なんせ普段はできないような犯罪行為などを平気でさせてしまうようなもんですから。

話は変わりますが、私は以前パチンコ屋の宣伝ポスターに後ろ姿が載せられたことがあります。

何の許可もなく勝手に写真が使われたことは腹が立ちましたが、それよりもその時の姿が衝撃的でした。

台にもたれかかり気だるそうに打っている姿。

後ろ姿でもイライラが伝わってくるようなものでした。

「パチンコを打っているとこんな姿になるのか?!」

パチンコでイライラしている自分が危険なにおいを発しているのかが伝わってきました。

当時の私が犯罪行為に走らなかったのは、不幸中の幸いと言えます。

 パチンコでイライラする人

パチンコでイライラしてしまう人はパチンコをしてはいけない人です。

そもそもイライラするということは、思い通りに行くと思っているものが思い通りに行かないからということになります。

しかし、パチンコというのは思いどおりに行かないのが当然です。

なぜならパチンコ屋がそんな風に考える人の心を操ることで運営されている商売だからです。

パチンコでイライラすれば冷静さを失います。

冷静さを失えば金銭感覚がなくなります。

金銭感覚がなくなれば、パチンコの賭け額が大きくなります。

パチンコの賭け額が大きくなれば、より大きな勝ちを求めます。

パチンコでイライラする人は、パチンコ屋にとって最上級のカモであると言えます。

どんな劣悪な釘調整をしていようが冷静さを失ってつぎ込んでくれるのですから。

 イライラしてもやめておいた方がよいこと

とはいえ、パチンコでイライラするのは仕方がないことです。

期待させるだけ期待させといて外れる演出、スタートチャッカーに玉が入らない厳しい釘調整、いつまでたっても当たらない焦り、ストレスというストレスに囲まれているため、イライラしない方がどうかしているくらいです。

イライラしてパチンコに負けるのは必然です。

パチンコ屋は客をイライラさせて財布の紐を緩めようと巧みに営業していますから。

それよりも本当に危険なのは、イライラから犯罪行為に走ることです。

確かにイライラすることは仕方がないことですが、自分の価値を下げるような行動をとってはいけません。

例えパチンコ屋にイライラさせられたからといって、パチンコ屋への報復として物を破壊してはいけません。

何よりしてはいけないのが、やはり床にお供え物をすることですね。

いくらイライラしているとは言え、そんなことをしていたら野良犬と変わりませんので。

 イライラの原因は全てパチンコ!本当にやめるべき

イライラしているのは、パチンコのせいであると気づいてください。

そして、パチンコには普通では考えることができないイライラに襲われることを覚えておいてください。

パチンコで負けたときのイライラは犯罪行為に走る可能性を高めます。

私はパチンコで負けたイライラを感じすぎて医師から自律神経失調症であると言診断されました。

これはブレーキの壊れた車のような病気で、常に興奮状態であるということです。

さらにこの病気は私を不眠にしました。

パチンコ動画を遅くまで見ていて不眠になっていたということもありますが。

そして、不眠はうつ病を発症させました。

元々短気な私でしたが、パチンコをすることで常にイライラしていました。

話は変わりますが、イライラは寿命を縮めると言われており、頻繁にイライラすることは大変危険です。

最近の私はパチンコをやめたことでイライラすることがほとんどなくなりました。

パチンコが私を豹変させていたのだとしみじみ感じます。

単純にイライラすることも危険ですが、やはりイライラした末に犯罪行為を犯してしまうことが最も危険です。

人に危害を加えるなど、取り返しのつかないことをしては大変です。

今は単純にパチンコで負けてイライラしているだけかもしれません。

バレなければいいと思い、パチンコ屋へ仕返しを考えているかもしれません。

しかし、そんなことを考えていたら必ずよくないことが起きてしまいます。

そうならないためにも、イライラの原因となるストレスは極力排除していきましょう。

そして、その原因となるパチンコはやめるべきです。

 

【↓ギャンブル依存症を治療(克服)する方法について↓】

youtubeを始めました。

パチンコを本気でやめたいと思っている方は、参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=pqYKQea5OR0