後悔先に立たず!パチンコに行く前は想像していなかった負け最高額!

こんにちはギャンブル(パチンコ)依存症のシュウです。

パチンコ資金は人それぞれあると思いますが、1000円しか持っていかないという人は少ないと思います。

ちなみに私がパチンコ屋へ行くときは3万円以上持っていないと落ち着きませんでした。

結局打っている間に何度もATMへ走り気づけば10万円使っていることも珍しくありませんでしたが。

今回はそんな風に当初予定していたよりパチンコでお金を賭けてしまうことについてお話していきたいと思います。

 パチンコ屋へ向かう前はすぐに当たると思っている

最初から持っているお金を全額使うとは思っていません。

すぐに当たってしかも大勝ち!

このように考えていきますよね?

しかし、これが大負けにつながる危険な考えです。

プロなんかであれば、あくまでデータとして冷静に当たりを分析できるかもしれませんが、一般の人はすぐに当たらないと感情的になってしまいます。

周りの人が次々に当たっているのに、

「自分だけ何で当たらない?早く当たれ!」

とイライラしてきます。

パチンコは感情的になればパチンコ屋の思うツボです。

イライラしてとにかく当たりを目指していると、負けるかどうかなんてどうでもよくなってしまいます。

気が付けばATMに走っていたなんてことはありませんか?

 金額を決めて打つからパチンコの素人

中途半端に金額を決めて打ちにいくことが一番よくありません。

パチンコ依存症の人の典型例は、先ほども伝えたとおり感情的になって賭ける金額が大きくなるというものです。

最初からいくら失うであろうという予測を立てて望めばそんなことにはなりません。

これがパチンコ依存症の人とプロの人の差になります。

失う覚悟を持たなければ本来パチンコなどギャンブルをするべきではありません。

長く打ち続けていると、パチンコは自分の思い通りになるという錯覚に襲われます。

常に勝ち続けることが当たり前で、負けなんて許されない。

そんなことを考えるようになりますが、その考えがそもそも間違っていることを改めて知りましょう。

でなければ、本当にただお金を捨てに行っているだけになります。

 負けて後悔するならパチンコをしてはいけない

「こんなに負けるなら行かなければよかった」

決めていた金額よりも大きく負け憂鬱な気分になったことは何度もあるはずです。

しかし後悔するということは、

「こんはずじやなかった。」

ということになります。

当初から勝てるという気持ちになっていることがやはり間違いです。

今一度考え直してください。

パチンコは慈善事業ではありません。

パチンコ屋はあなたからいかにお金をむしり取ろうかを考えています。

そのことがわからない限り私のような借金地獄に堕ちるのは時間の問題ですよ。

後悔するのであればパチンコ屋に近づかないことが大事です。

 パチンコで熱くなっている人間を客観的に見た感想

とはいえ実際に感情的になっていると、周りが見えなくなります。

以前私は友人と2人でパチンコ屋へ行きました。

私は大勝ちし、友人は大負けしたのですが、私はその友人が熱くなっているのを目撃しました。

心の中で「もうやめといた方がいいんじゃないか?」と思っていたのですが、友人はすごい形相でお金をつぎ込んでいきました。

そして、2人で店を出ると友人がいきなり私に突っかかってきました。

普段は温厚でニコニコしている人間だったため驚きましたが、

「何で俺だけこんな負けるんや!こんなつもりじゃなかった!」

という意味不明な内容に

、、、、知らんがな。

とは言いませんでしたが、心の中で自己責任でしょと感じました。

周りの人から見たら、パチンコで熱くなっている人間は本当にバカみたいに見えるんだなと感じた一件でした。

 パチンコをしてはいけない人

パチンコ依存症の場合、お金は関係なく打ちます。

でも、負けた金額を思い出して憂鬱になることはあります。

お金がないと生活できなくなってしまいますからね。

問題なのは負けた金額ではありません。

満足できなくなっている自分の状態なのです。

「5万円負けたけど、今回だけならいいか。」

と思わないでください。

それよりも、

「最初は3万円と決めていたのに、追加で2万円使ってしまった」

ことをよく見てください。

パチンコは必ず勝てるものではありません。

それなのに追加でお金を使うのは、単純に気持ちの問題です。

「この演出が来たから調子が良いぞ。」

根拠のない理由で当初予算を超えて打ったことはありますか?

もし、しっかりとした理由があれば後悔することはないでしょう。

しかし、一度でも後悔したことがあるのなら、パチンコをやめるべきです。

何とかなるでは済まない状態になることを、あなたもいくらか想像できているのではないでしょうか?