【パチンコの確率計算は嘘】明らかにおかしいと感じる瞬間とは!?

こんにちはギャンブル(パチンコ)依存症のシュウです。

「甘デジを打っているのに、何で2000回転もハマるんだ。大当たりが1回も来ないなんておかしいだろ!遠隔だ!」

「100回転のSTを何回スルーしたか分からない!もう30回はスルーしているぞ!」

パチンコを打っていると、

「この台は本当に確率通りに動いているのか?」

そんなことが気になりますよね。

「甘デジしか打たない人が、甘デジと書かれている台を打っていたのに、実はミドルタイプの確率だった。」

こんなことがあれば怒り狂うことは間違いないでしょう。

今回はそんなパチンコの確率についておかしいなと思うことについて紹介していきたいと思います。

 パチンコの確率計算はどうなっているのか?

パチンコの確率は建前上、1回転ごとにその確率が独立しています。

例えば99分の1の台があった場合、1回転目であろうが100回転目であろうが、確率は99分の1となります。

パチンコを打って間もない方が勘違いすることがあるのですが、99分の1の台が0回転から99回転以内に大当たりが来るということはありません。

99分の1であろうと、2000回転ハマることはありますし、私も実際にホールでそんな台を目撃したことがあります。

とはいえ、99分の1と台に記載されている台が果たして本当にその確率であるのかという証明をすることは困難になります。

「確率の収束」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

確率の収束とは、試行を繰り返すことで最終的にその確率に落ち着くというものです。

例えば1から6のサイコロを振り、1の目が出る確率はいったいいくらであるのかを調べるとします。

適当に振っていたら2が出ることも3が出ることもありますよね?

しかし、最終的に見てみると誤差はありますが、約6万回ほどサイコロを振ったところで、1から6の目が約1万回ずつ出るようです。

このことからサイコロの1の目が出る確率は

「約6万分の1万→約6分の1」

になるのです。

 パチンコの確率は嘘?詐欺ではないのか?

1から6のサイコロですら、約6万回程度振ることでようやくその確率が6分の1であることが判明します。

しかし、パチンコの場合は約99面から300面のサイコロを振るということになります。

一体何回検証すれば確率が収束するのか分かったもんじゃないです。

仮に検証したとすればいったい何日かかるのか一万円札が何枚消えていくのか見当もつきません。

検証ができない以上、パチンコの確率は嘘か本当かは誰にも分からないということになります。

 パチンコの確率論を信じるという愚かな行為

私はパチンコを打っていた頃は、とにかく回る台を探して朝から晩まで同じ台を打ち続けるということをしていた時期があります。

当時はマックスタイプという台が置かれていた時代であり、確率は399分の1でした。

「どれだけハマっていようが、どれだけ負けていようが、確率の収束によりいつか必ず取り返せる。」

このような考えで、とにかく回る台を見つけたら回し続けました。

しかし、当たりは頻繁に来るものの単発ばかり、結果として打ち続けた台では大損を食らうこととなりました。

その後、私が打っていた台の機種は検定切れでほとんどのパチンコ屋から撤去されることとなり挽回する機会は永久に来ませんでした。

「いつ収束するかわからないし、収束したからと言って勝てるとは限らない。」

私はそこで思い知ることとなりました。

最初から当たりまくで大勝ちする人もいれば、最初から負けまくりで取り返す機会を手にすることができない人もいるということ。

確率論といっても、パチンコ屋では全て運であるということに気づかされました。

 パチンコの確率を解き明かせる人は誰もいないし時間とお金の無駄

パチンコの確率を攻略して、パチンコに勝つことなど不可能な話です。

なぜならパチンコの確率が真実であるか否かを証明することが現実的に不可能であり、証明できたとしても通常や確変といった振り分けのあるデジパチにおいては結局運の要素が強いからです。

パチンコを攻略する上で確率論というものがありますが、そんなことはできないと気づきましょう。

せっせとデータを取って分析をしようが、結局何が起きるかを予測することができません。

ただでさえ膨大な分母の確率に加え、小当たりや突確など様々な要素のあるパチンコを攻略することなどできないのです。

もし仮にパチンコの確率を証明することを生きがいとしているのであれば止めませんが、そうでなくただパチンコで勝とうとするのであれば他のことに情熱を注ぎましょう。

それだけの熱があればパチンコなんかよりずっと確実に収入を得る方法を見つけることができます。

パチンコの確率なんて、所詮はパチンコ製造メーカーやパチンコ屋によって作られた幻想、何となくわかったような客からお金を絞りとるための罠であることに気づきましょう。

「パチンコ攻略」と言われる方法には、先ほど紹介した確率論、波理論、ホルコン攻略など様々なものがあります。

本当に攻略できるのであれば、なぜこんなにたくさんの攻略法が世間を出回っているのかを考えてみてください。

結局は誰も攻略することができないから、これだけのデマ情報がうろついているにすぎないのです。

あなたがこのような情報に惑わされて、いつまでもパチンコをやめることができないといったことのないように祈っています。

そして、パチンコをやめるための気づきとして、パチンコの確率が当てにならないものだと覚えておいてください。

 

【↓ギャンブル依存症を治療(克服)する方法について↓】

youtubeを始めました。

パチンコを本気でやめたいと思っている方は、参考にしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=pqYKQea5OR0